心のこもった質の高い泌尿器診療をお届けします。

さぎやま泌尿器クリニック

尿失禁

我が国における疫学調査では40歳以上の女性における、尿失禁罹患率は43.9%と、男性の17.6%に比較し高率です。

尿失禁の原因

icon 出産や老化による「骨盤底の筋肉や靭帯のゆるみ

私たちの下腹部にある臓器は、骨盤のなかに保護され、その内臓を支えているのが「骨盤底」です。骨盤底は筋肉と靱帯で構成されています。女性では、ほとんどの場合、出産や閉経後に、この「骨盤底」がゆるんでしまいます。これがゆるむと、靱帯を支点に筋肉が協調して動くことができず、尿を止める機能が壊れ、尿が漏れてしまいます。

icon 骨盤臓器脱

「骨盤底」のゆるみがひどくなり、内臓が下に落ちてくることで、膣から、膀胱、子宮などが押し出されてきてしまう「骨盤臓器脱」は、膀胱が知覚過敏になって頻尿や溢流性尿失禁を引き起こします。

icon 神経因性膀胱

膀胱が尿で充満すると、大脳に信号が送られて尿意を感じます。そして、大脳から膀胱や筋肉に排尿の指令をだします。しかし、膀胱と大脳を結ぶ神経の一部に何らかの障害を起こすと指令系統はみだれて、神経因性膀胱という病気を発症し、頻尿、尿失禁がおきます。

▲ページトップに戻る


尿失禁の種類

icon 腹圧性尿失禁

トイレに行きたいと思ったら、我慢できずに尿を漏らしてしまうことを 過活動膀胱による尿失禁つまり「切迫性尿失禁」といいます。これも、女性に多くみられる病気です。

icon 切迫性尿失禁

「骨盤底」のゆるみがひどくなり、内臓が下に落ちてくることで、膣から、膀胱、子宮などが押し出されてきてしまう「骨盤臓器脱」は、膀胱が知覚過敏になって頻尿や溢流性尿失禁を引き起こします。

icon 混合型尿失禁

腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁の両方の症状をもっています。これを「混合型尿失禁」と呼びます。

▲ページトップに戻る



▲ページトップに戻る