心のこもった質の高い泌尿器診療をお届けします。

さぎやま泌尿器クリニック

HIV即日検査とは

現在、保健所等でのHIVスクリーニング検査には通常“HIV抗体検査”が用いられています。“抗体検査”は方法が比較的容易で、いろいろな検査キットも開発されており、HIVスクリーニング検査として広く用いられ、信頼性の高い方法です。即日検査は、このスクリーニング検査法の1つで、迅速診断キットを用いて行います。15分で判定が可能なことから、皆様にスクリーニング検査結果を検査当日(即日)にお知らせすることができるようになりました。

このページの印刷

即日検査で陰性の場合

感染の可能性のある行動から3ヶ月以上経過してから検査を受けた場合は、「HIVに感染していない」ことを意味します。まだ3ヶ月を経過していない場合には、HIVに感染していないことを確定するためには、3ヶ月以上経ってから、再検査を受けることをお勧めします。

即日検査で陽 性(要確認検査)となった場合

迅速検査で陽性“要確認検査”となった場合には、より精度の高い方法で確認検査をおこないます。迅速検査では1000人に2~5人(0.2~0.5%)くらいの人が感染していないのに陽性(これを偽陽性といいます)となることがあるため、確認検査により、真の陽性(HIV感染)か、感染していないのに陽性となった”偽陽性“か、確認検査で見分ける必要があります。このため、もし即日検査で陽性(要確認検査)となった場合には、後日(通常1週間から2週間後)確認検査の結果を聞くため再度来て頂くことが必要になります。

 

▲ページトップに戻る


感染の可能性のある行動からどれくらいの期間が経っていますか?

HIVに感染しても感染初期には血液中に抗体やウイルスが検出されない期間(ウインドウ期間)があります。このため、この感染初期に検査をすると、感染していても検査で陰性となることがあります。通常は、感染後1ヶ月くらいまでに抗体が検出されるようになりますので、感染の機会から1ヶ月以上経ってからの検査で陰性であれば、感染の可能性はかなり小さくなります。2ヶ月以上経っての検査であれば感染の可能性はほとんどないと言えます。但し個人差もあるため、検査前3ヶ月以内に感染機会があった場合、感染の可能性を明確に否定するためには、感染機会から3ヶ月以上経ってからの再検査をお勧めします。

▲ページトップに戻る

HIV検査に関する情報

「HIV検査・相談マップ」

▲ページトップに戻る



▲ページトップに戻る