心のこもった質の高い泌尿器診療をお届けします。

さぎやま泌尿器クリニック

前立腺肥大症とは

尿道をとりまくように存在する前立腺が歳とともに大きくなり、尿の通り道を圧迫することで発症します。

その結果、日常生活に支障をきたすだけでなく、放置するとおしっこを出せなくなってしまうこともあります。気になる症状がある方は早めにご相談ください。

前立腺肥大症の検査

icon問診:「国際前立腺症状スコア」のチェックリストで行います。

icon直腸内指診:肛門から指を入れて前立腺を触診します。

icon腹部超音波検査:超音波を用いて前立腺の状態を調べます。また、排尿が正常にできているか膀胱の機能も評価します。

icon血液検査:前立腺がんの有無について評価します。また腎臓の機能に異常が出ていないか評価します。

icon尿流検査:おしっこの勢いや排尿時間を測定します。


▲ページトップに戻る

前立腺肥大症の治療方法

   

icon薬物療法:前立腺や尿道の緊張を和らげおしっこを出しやすくします。また前立腺を縮小させる効果がある薬剤も併用することがあります。

icon手術療法:尿道から各種器具を挿入して手術を行います。手術を行うかどうかについては患者さんと十分に相談し決定します。


▲ページトップに戻る

日常生活の注意点

icon前立腺を充血させるため、アルコールや刺激物は控えてください。

icon適度な運動を心がけましょう。

icon下半身がひえないように気を付けましょう。前立腺により締め付けが悪化することがあります。

iconおしっこを我慢しないようにしましょう。腎臓や心臓に負担がかかることがあります。

icon便秘にならないようにしましょう。直腸に便がたまると尿道を圧迫します。

icon胃薬・風邪薬・精神安定剤などを飲むときは医師または薬剤師にご相談ください。これらの薬剤には、症状を悪化させるものがあります。


▲ページトップに戻る

▲ページトップに戻る