心のこもった質の高い泌尿器診療をお届けします。

さぎやま泌尿器クリニック

ED 治療方法

治療の第一歩として、専門のクリニックで診察を受けることから始めましょう。日本には、約1800万人の ED 男性がいると推計されていますが、実際に診察を受けている方はその約5% なのだそうです。   

行かない理由として、「忙しくて」「恥ずかしくて」「女性の看護師さんに会いたくなくて」などの理由があげられます。ED 治療を専門にした医院では、ドクターも薬剤師も受付スタッフも全員男性で、問診の時間も短くすぐ処方可能です。ズボンを脱ぐなんてことはなく、行ってみると問診だけで案外あっさり治療薬を処方してくれるので、拍子抜けしちゃう人もいるくらいです!問診が短いといっても、医師が直接、 ED 治療薬を使用しても問題ないかの確認や ED 治療薬の服用方法などの重要なことはしっかり説明してくれます。ご病気などで、常用している薬がある場合には、必ず薬剤名が分かるようにして受診してください。診察に保険証は自費となりますので不要です。身分証明書として運転免許証または保険証等が必要になります。診療料金は、薬代に含みます。(5錠~)

 

ED 治療薬の有効性

ED 治療薬の有効性は、80% 以上と非常に高く、多くの ED 男性の悩みを解決しています。

この数字には、重度の疾患がある方も含まれておりますので、健康な方での有効率は、より高く95% 以上になるのではないかと推測されます。 当院でも、60歳の方が、『勃起力は中学2年生の時に戻ったようだ!』と表現される方もいらっしゃるほどです。

薬をただ飲めばいいというものではなく、服用タイミングが非常に重要となります。 ED 治療薬は完全な空腹時に服用しなければ、その効き目は一気に下がってしまいますので、注意が必要です。服用タイミングは、問診時にしっかりと確認しましょう。

治療薬の作用機序

ED 治療薬は、勃起をサポートする飲むお薬です。正確には「PDE5 阻害薬」といいます。 ここからは、少し難しい話になりますが、PDE5 阻害薬がどうやって働くのか説明します。

そもそも PDE5 とは、海綿体に多く存在する酵素で、平滑筋を弛緩させる情報伝達に関わる物質「サイクリック GMP」を分解する働きをもちます。 この PDE5 が活発になりすぎると勃起機能には障害となるため、PDE5 阻害薬によりこの酵素を抑制し、海綿体内のサイクリック GMP 濃度を上昇させます。 それによって平滑筋が弛緩して血行が良くなり、勃起を促します。そうすることによって、勃起のメカニズムを正常化させるのです。

▲ページトップに戻る


男性更年期(LOH)の検査

LOH症候群の診断にはAMSスコア(Heinemann aging male symptoms score)が用いられます。

AMSスコアで27点以上は軽度の異常、37点以上は医療機関の受診が必要な中等度以上の異常が示唆されます。さらに、血液中の男性ホルモン(遊離テストステロン)の測定が必須で、LOH症候群の診断に最も信頼できる指標であるとされています。

診断基準では遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満なら男性ホルモンが明らかに低いとされ、さらに8.5pg/ml以上から11.8pg/ml未満を男性ホルモンが低下傾向にある(ボーダーライン)と判断することを推奨しています。

▲ページトップに戻る


ED治療薬の種類

日本で認可されている薬の主成分は、シルデナフィルクエン酸塩(バイアグラ)、バルデナフィル塩酸塩(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)の3種類です。 いずれも有効性は高く、重篤な副作用もないことが分かっています。ただし、狭心症や心筋梗塞の治療などで硝酸薬や NO 供与薬を使用している場合は、服用出来ないこともありますので、 常用薬がある場合や既往歴は必ず医師に申告し、問題ないか確認してもらいましょう。

▲ページトップに戻る



EDの調剤

バイアグラ

ED、いわゆる勃起不全を治療する効果のある世界的にも有名な医薬品です。
ED治療薬として世界で初めて製品化され、1998年1月にアメリカで発売されました。 アメリカでの発売当初、男性にとっては「夢の薬」の登場とだけあって、話題は瞬く間に日本国内でも広がりました。「自分も試してみたい!」と思った多くの日本人が個人輸入業者を介してバイアグラを入手。当然、医療機関で併用禁忌や使用上の注意点などの説明を受けていないため、用法用量を守らず服用していました。このような人たちは後を絶たず、ついには併用禁忌薬である硝酸剤と併用してしまい重篤な副作用を発生させる事例が急増。中には心肺停止の事例も起きてしまいました。 このような健康被害が発生してしまったため、日本でも早急にバイアグラの製造販売を承認し、安全対策を取らざるを得ない状況になりました。そして、承認申請からわずか半年間という異例のスピードで認可され、米国での発売から1年後の1999年1月25日に製造販売承認を取得、同年3月23日に日本でも販売が開始されることになったのです。 販売開始から現在に至るまで、EDに悩む多くの男性の心の支えとなっています。

▲ページトップに戻る

レビトラ

レビトラはED治療薬としてバイアグラの次に誕生したお薬です。製造販売はアスピリンの開発で有名なドイツに本社を持つバイエル薬品という製薬会社です。日本ではバイアグラの発売が開始された翌々年の2001年12月に厚労省に承認申請を行い、2004年4月に製造販売が許可されました。 そして、2004年6月に5mgと10mgのレビトラの発売が開始され、20mgに関しては遅れること2007年7月に発売されました。

シアアス

シアリス(一般名:タダラフィル)は日本イーライリリー株式会社のED治療薬で、日本では2007年7月31日に製造販売承認を取得しています。 経口のPDE5阻害剤で、従来のED治療薬バイアグラ・レビトラと違い、投与後36時間まで有効性が認められており、 体内に吸収させてしまえば食事の影響を受けないため、患者さんにとって焦りやプレッシャーのないED治療の新たな選択肢として登場したお薬です。 また、金曜日の夜に服用すれば日曜日の昼間まで長時間作用することから「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。 国際誕生は2002年10月で、発売以来、世界100ヵ国以上で1,000万人以上の患者さんに使用されています。 2013年8月にはED治療薬(PDE5阻害薬)としての全世界シェアが42%となり世界市場で堂々の第一位となったことが発表されました。 発売元/日本新薬株式会社 日本では2005年9月に承認申請を行い、2007年9月より販売が開始されました。 製造元・発売元はともに日本イーラーリリーでしたが、2009年7月1日以降から現在に至るまで、日本の医療機関で処方されている純正のシアリスは、画像の通り、 製造販売元が日本イーライリリー株式会社、発売元が日本新薬株式会社となっております。

▲ページトップに戻る

調剤の持続性

バイアグラ・レビトラ

おおよそ4~5時間

シアリス

おおよそ36時間~2日

効果が期待できる時間がすなわち勃起している時間ではありません。「その気」にならなければこれらのお薬の「効果」はありません。逆にいえば「その気」がなければ飲んでもほとんど何も起こらないということです。それぞれの好みがあるので、一概にどの薬がよいかということはいえません。

バイアグラは食事の影響を大きく受けます。レビトラ、シアリスはそれらが少ないようです。

効果が期待できる時間の始まりはどの薬も1時間以内です。

▲ページトップに戻る

▲ページトップに戻る